胸が小さい悩みやコンプレックス抱えている人におすすめの解決法

胸が小さい 悩み

胸が小さい 悩み

胸が小さいという悩みは、経験した人にしか分かりません。
同性にも相談できない深刻な悩みなのです。
いつも人に見られ、心の中で笑われているような気がしてしまったり、逆に人に隠しているような罪悪感に苛まれます。
このような方に是非オススメの解決法をピックアップしてみます。

胸が小さい原因を把握する

まず、胸が小さい原因を把握します。
一言で胸が小さいと言っても、その原因は大きく下記に分かれます。

  • 胸が小さく見える
  • バストの量が少ない

まず、ご自分がどちらに当てはまるか考えてみてください。
胸が小さく見える場合

このケースに当てはまる場合でも、更に細分化することができます。

  • 1、姿勢が悪くて小さく見えている
  • 2、胸の形が悪く、小さく見えている
  • 3、胸回りの筋肉不足で小さく見えている
  • 4、くびれが少ないために小さく見えている

バストの量が少ない場合

こちらも下記のように細分化することができます。

  • 5、女性ホルモンのバランスが乱れている
  • 6、女性ホルモンの分泌が足りない
  • 7、バストを形成する栄養素がなりない

女性ホルモンのバランスや分泌量は自分で把握することができませんので、下記のサイトを利用してセルフチェックしてみてください。

・女性ホルモン健康度チェック|セルフドクターネット
http://www.selfdoctor.net/check/2008_04/
・ホルモンバランス危険度チェック -スキンケア大学
http://www.skincare-univ.com/selfcheck/000087/
・女性ホルモンバランスチェック – バファリン
http://www.bufferin.net/lunai/lesson/lesson2.htm

 

1、姿勢が悪くて小さく見えている

このケースに当てはまる方は、心掛け次第では最も簡単に改善します。
胸の大きさは、自分で思っている以上に姿勢で印象が変わります。
きな臭いバストアップやダイエット商材のサイトには、Before→Afterの比較写真がよく掲載されています。これらの写真は姿勢を変えて写しているだけのものも数多くあります。
まず、自身を持って常に胸を張ることを心掛けましょう。
猫背の方の場合、背中周りの筋肉が凝り固まっていたり、筋力不足に陥っている可能性もあります。
おすすめなのは、肩甲骨ストレッチです。
肩甲骨は30以上の筋肉がつながっているため、肩甲骨ストレッチすることで多くの効果が現れます。

2、胸の形が悪く、小さく見えている

こちらのケースの方の場合、まずインナーやブラジャーを見なおしてみましょう。
また、マッサージも効果的です。
テレビでも話題になった戸瀬恭子流バストアップマッサージは、とても即効性があります。
DVDでは更に詳しくさまざまなマッサージ方法も紹介されています。

戸瀬恭子の美乳革命

3、胸回りの筋肉不足で小さく見えている

こちらのケースも場合、おそらく筋力不足と同時に姿勢も悪さもともなっているはずです。
1でご紹介した肩甲骨ストレッチを行いながら、大胸筋を鍛えるトレーニングを行ってみましょう。
無理に腕立て伏せをする必要はありません。
できる範囲内で続けていくことが重要です。
こちらのサイトが参考になりますので、ご確認してみてください。
http://allabout.co.jp/gm/gc/7576/2/
また、大豆製品を摂取しながらトレーニングすると効果が倍増します。
大豆はご存知のようにプロテイン原料になっていますし、大豆イソブラボンという女性ホルモンににた働きをする成分が大量に含まれています。

4、くびれが少ないために小さく見えている

このケースの方の場合、太っていてくびれがないのか?痩せていてもズンドー体型なのかによって異なってきます。
太っていてくびれがない場合、残念ながらダイエットは必須になります。
ダイエットをする際、鶏肉・大豆・キャベツなどを中心にした食事をとるとバストを落とさず減量することができます。
運動する際には、胸をなるべく揺らさないで行うことも重要となります。
痩せていてもズンドー体型な方の場合、マッサージである程度改善できる可能性があります。
2と同様にマッサージを行ってみましょう。
また、女性ホルモンの分泌が少ない可能性もありますので、上記にあるセルフチェックも行ってみて下さい。

5、女性ホルモンのバランスが乱れている

こちらの方の場合、まず生活習慣を見なおしてみる必要があります。
十分な睡眠を取り、規則正しい生活を過ごしているかどうかを思い浮かべ、改善できる点は改善していきましょう。
しかし、忙しい現代社会ではなかなか思うようには行かないこともあります。
その場合、女性ホルモンのバランスを改善するサプリメントもありますので、試してみることもおすすめです。

6、女性ホルモンの分泌が足りない

こちらのケースでは、女性ホルモンの1つのエストロゲンが足りていないものと思われます。
その場合、エストロゲンの分泌を促すか、植物性エストロゲンを補給するか、どちらかの必要があります。
エストロゲンの分泌を促すには、亜鉛・ビタミンB2・ビタミンEが有効です。
これらを多く含む食物を摂取するか、サプリメントで補給するなどしてみてください。
植物性エストロゲンを補給する場合、大豆製品がおすすめです。
大豆に含まれる大豆イソブラボンは、代表的な植物性エストロゲンで、体内でエストロゲンと同じような働きをします。
今人気のプエラリア製品もおすすめです。プエラリアには大豆の40倍の植物性エストロゲンが含まれているとされています。効率よく摂取するならこちらがいいでしょう。
こちらもサプリメントが最も簡単で手軽な補給方法です。

7、バストを形成する栄養素がなりない

こちらの場合、まずバストを生成するために必要なアミノ酸が不足している可能性があります。

  • アルギニン
  • リジン
  • オルニチン

といったアミノ酸を多く含んだ食品を中心とした食事を摂るようにしましょう。

バストアップで注目されている肩甲骨ストレッチいろいろ

肩甲骨ストレッチいろいろ

肩甲骨ストレッチいろいろ

肩甲骨はがし」「肩甲骨ストレッチ」という言葉がブームとなり、今、肩甲骨が注目されています。
ダイエット・肩こり・新陳代謝の促進など、さまざまな効果があるとされていますが、特に最近ではバストアップに効果があると話題になっています。
しかし、そのストレッチ方法はさまざまなサイトでいろいろな方法が紹介されています。

 

 

肩甲骨が重要な理由

日常の生活で肩甲骨を意識することはあまりないかもしれませんが、
実は、30以上の筋肉が肩甲骨にはつながっているのです。
また、肩甲骨は関節に繋がっていない珍しい骨でもあるのです。
ですので、背中・肩・首などの筋肉のほとんどは肩甲骨を支点として働いており、上半身で最も重要な部分と言っても過言ではありません。
そのため、肩甲骨が凝り固まってしまうと、肩こりや四十肩だけでなく、姿勢も悪くなり、頭痛の原因などにもなります。
逆に、肩甲骨ストレッチすることは、たくさんの筋肉を同時にストレッチでき、とても効果的です。
最近ではダイエット効果があると話題になっていますが、
猫背を矯正し、血行やリンパの流れを促進することから、バストアップにも大きな効果があります。

 

 

肩をぐるぐるまわす肩甲骨ストレッチ

http://allabout.co.jp/gm/gc/391394/
・両肩にそれぞれの手を載せます。
・肘で大きく円を描くように後ろ回りにゆっくり10回まわします。
肩甲骨を意識しながら大きく回すのがポイントです。
・同じ要領で、今度は前回りに10回まわします。
簡単に感じるかもしれませんが、以外に大変です。
だんだん背中が熱くなり、終わる頃には顔もほてってきます。
肩甲骨が凝り固まっている人なら最初は10回づつできないかもしれません。
どこでもできますので、デスクワークの方などは仕事の合間でも実践できます。

 

 

両腕を前後に動かすストレッチ

http://www.bitowa.jp/blog/2013/09/

・まず、息を吸いながら肘を後ろに引きます。
肩甲骨を近づけるようにイメージするのがポイントです。
この状態を3秒~5秒キープします。
・次に、息を吐きながら手を前に伸ばします。
今後は逆に肩甲骨を遠ざけるようイメージするのがポイントです。
・これを1セットとして数回繰り返します。
ひどい人では、最初はこれだけでもパキパキ音がするかもしれません。
これもとても簡単ですぐできますので、しことの合間に気分転換を兼ねて実践できます。

 

 

両腕を上下に動かすストレッチ

・息を吸いながら手を上に伸し、頭の上で合わせます。
・息を吐きながら胸を張り、手のひらを外側に向けながら胸の高さまで肘を下ろします。
肘が体の後ろ側を通って下げるようにイメージするのがポイントです。
・これを10回程度繰り返します。
しっかり行うと背中が熱くなり、血行がよくなっているのが体感できます。
運動後のクールダウンにもぴったりです。

 

 

肘を前後に動かすストレッチ

・手のひらを外側に向けた状態で腰に当てます。
・この動作を10回程度繰り返します。状態をキープしたまま肘だけを前後に動かします。
・これを20回~30回繰り返します。
前の方にはあまり動かず、痛みを感じる方も多いでしょう。
毎日続けていけば、可動域が徐々に大きくなり、効果が実感できるようになります。

 

 

背中で合掌ストレッチ

・背中に両手をまわします。
・そのままてを合わせ、背中で合掌するようなポーズをとります。
・この状態を20秒~30秒キープします。
胸を張り、両肘をなるべく後ろに持っていくように意識するのがポイントです。

 

 

背後で手のひらを回転させるストレッチ

上のような背中で合掌できない方におすすめの方法です。
・背中に両手をまわします。
・指を下に向けた状態で手のひらを合わせます。
・この状態を20秒~30秒キープします。
慣れてきたら徐々に手のひらの位置を上に持っていけるように意識すると効果的です。

 

 

仰向けで行うストレッチ①

http://allabout.co.jp/gm/gc/391394/

・仰向けに横になります。
・両手を天井に向けて合わせます。
肩甲骨を意識しながら両手を更に上に持ち上げます。
・この動作を10回程度繰り返します。
とても簡単ですので、就寝前や朝一番ベッドから起き上がる前などにするのがおすすめです。

 

 

仰向けで行うストレッチ②

http://magazine.gow.asia/beauty/column_details.php?column_uid=00001793

・仰向けで大の字になり、両手を肩の高さで広げます。
・左手をそのまま天井の方に伸ばします。
・指先が肩甲骨を引っ張るようにイメージし、肩甲骨を床から離し、腕方向に持っていきます。
・このまま左手と右手の手のひらを合わせます。
・同じ要領で右手も行います。
・この動作を10回程度繰り返します。
腰が浮かないように意識するのがポイントです。
最初は手を合わせられない方もいるかもしれませんが、無理のない範囲で行いましょう。

 

 

四つん這いで行うストレッチ

http://news.mynavi.jp/news/2013/09/08/031/

・四つん這いの体制になります。
・左手を前方に伸ばし、右手を左側に伸ばします。
・この状態を3秒~5秒キープします。
・同様に右手を前方に伸ばし、左手を右側に伸ばします。
・これを2~3セット繰り返します。
無理をし過ぎると肩を痛めることもありますので、適度な痛みを感じるところで止めてください。

 

 

壁を使うストレッチ

・壁に横向きに立ちます。
・肘をあごの高さまで上げ、肘から下が水平になるようにして手のひらを壁に着けます。
・肘から下を壁に着けたまま、前に一歩進みます。
・この体制を5秒程度維持します。
・反対側の手もこの要領で行います。
壁の力を利用するため、簡単で効果的なストレッチです。
適度な痛みを感じる範囲内で歩幅を調節するのがポイントです。

 

 

タオルを使うストレッチ

http://www.yogaroom.jp/diet/s2_p8.html

・右手でタオルを持ち、頭の上から背中にまわします。
・左手を下から背中側にまわし、タオルの反対側を掴みます。
・右手の力を抜き、左手をゆっくりと引っ張り、5秒程度維持します。
・反対に、左手の力を抜き、右手を上にゆっくり引っ張って5秒程度維持します。
タオルなしでも手が届く場合はタオルなしでも構いませんが、
肩甲骨が硬い人の多くは手が届きません。
タオルで補助することでそれを補助するストレッチです。
肩甲骨だけでなく、二の腕のストレッチにもなります。

 

こちらもおすすめ



 

胸を大きくするストレッチ・エクササイズ5選

胸を大きくするストレッチ・エクササイズ5選

胸を大きくするストレッチ

胸をおおきくするストレッチエクササイズは、様々なのもがあり、何をやっていいのか分からなくなりませんか?
また、やってはみたものの効果が出なかったという方も多いでしょう。
そこで、当サイトで厳選したおすすめバストアップエクササイズ・バストアップストレッチを5つご紹介します。

 

All Aboutバストアップストレッチ

All Aboutバストアップストレッチ①

http://allabout.co.jp/gm/gc/395283/

All Aboutで紹介されているバストアップストレッチの1つです。
画像入で分かりやすく紹介されているため、ネット上では数多く転載されています。
ヨガの要素を取り入れながら、主に大胸筋と肩甲骨ストレッチしていきます。
3種類に分類されていて、ボールを使った方法も紹介されています。
身体の硬い人には難しいものもありますが、比較的手軽にできる方法です。

 

 

All Aboutバストアップストレッチ

All Aboutバストアップストレッチ②

http://allabout.co.jp/gm/gc/391394/

こちらもAll Aboutで紹介されているバストアップストレッチの1つです。
イラスト入りで分かりやすく紹介されているため、ネット上で転載されているのをよく見かけます。
肩甲骨編・姿勢編・大胸筋編の3部で分かりやすく紹介されています。
肩甲骨ストレッチ

最近人気なのが、肩甲骨ストレッチするバストアップ方法です。
凝り固まった肩甲骨をほぐすことで姿勢を正して血行を促すことでバストアップ効果をねらう方法です。
肩甲骨には多くの背中の筋肉が集中しているため、多くの筋肉を効果的にストレッチすることができます。
仕事の合間でもできる方法も多く、肩こりや頭痛にも効果があります。

 

 

前島敏也流バストアップストレッチ

https://www.youtube.com/watch?v=dxGaj098dSI

整体師である前島敏也さんが推奨するストレッチです。
バストアップマッサージストレッチを考案している方の多くが女性であり、ご自身でも実践しているという触れ込みが多い中、
男性である前島さんのストレッチ法がこれほど人気というのは異例と言えるでしょう。
こちらもテレビで紹介されたこともありますが、どちらかというと口コミで広まったという要素が強いようです。
肩甲骨ストレッチし、姿勢や血行を改善する点、適度に大胸筋を鍛えるという点が他にない特徴と言えます。
バストアップに肩甲骨が関係しているという情報も多くありますが、前島敏也流バストアップストレッチが元になっているようです。


兼子流バストアップストレッチ

カリスマトレーナーとして知られている兼子ただし氏によるバストアップストレッチです。
兼子ただしさんは、姿勢や呼吸といった点に着目し、一瞬にして身体を柔らかくするストレッチ法をあみだした方として有名です。
テレビでの出演も多数、タイアップ商品なども多く発売されています。
兼子流バストアップストレッチは、他とは違う理論なのが特徴です。
大胸筋を鍛えるのは無意味、むしろ大胸筋を鍛えるとバストが外向きになってしまい逆効果だとしています。
バストアップに大事なのは、胸鎖乳突筋や斜角筋といった首の筋肉をストレッチすることが重要だと推奨しています。
腕立て伏せや大胸筋トレーニングを行ってきも効果がなかったなど、心当たりがある方も多いかもしれません。
そのような方にはこちらがおすすめです。

兼子ただしの「スピードストレッチプログラム」

戸瀬恭子流バストアップマッサージ。そのやり方は?

戸瀬恭子流バストアップマッサージ

 

今話題の戸瀬恭子流バストアップマッサージ
たった10分のマッサージで効果があると、テレビでも何度も紹介されています。
水沢アリーなどの芸能人も実践し、その効果が紹介されています。

https://youtu.be/h3qnhO0F_rc
この戸瀬恭子流バストアップ術を詳しくご紹介します。

戸瀬恭子流バストアップマッサージのすごいところ

 たった10分の即効性

まず、たった10分のマッサージですぐに効果が表れる点です。
片方の胸ならたった5分です。
即効性がありますので、その効果をすぐに体験できます。
 トップは増え、アンダーは減る

もう1つのすごい点は、トップが増えるにもかかわらず、アンダーが減るという点です。
検証の結果では多くの方が
トップ:+2cm~3cm
アンダー:-1.5cm~2cm
カップ:+1カップ
というような結果が出ています。
バストのボリュームをアップし、張りのある胸にするだけでなく、メリハリのある魅力的なバストにする効果があります。
 丸1日の持続性

たった10分のマッサージでも、すぐに元に戻っては意味がありませんが、このマッサージは10分のマッサージ効果が丸1日持続します。
1日1回行えば、常に張りのあるバストを維持できるのです。

戸瀬恭子流バストアップマッサージの手順

1、肩を開いて背筋を伸ばし、まっすぐ座ります。

2、ひじ→二の腕→脇→デコルテを擦ります。ゆっくり力を入れすぎずに擦り、これを10回繰り返します。

3、肩甲骨→脇→デコルテを擦ります。これもゆっくり力を入れすぎずに擦り、これを10回繰り返します。

4、大胸筋の付け根をもみほぐし、リンパの詰まりをなくします。
脇に指4本を入れ、親指で大胸筋を挟み込み、もみほぐします。
これを10秒間繰り返します。
痛みが強ければ強いほどリンパが詰まっている証拠です。

5、バストを下から首に向かってマッサージします。
親指が乳頭を通るように行うのがポイントです。
これも10秒間繰り返します。

6、神宝(シンポウ)というツボマッサージします。
神宝(シンポウ)は、乳頭の指2本分くらい内側にあるツボです。
胸の合間から乳頭に向かって指を滑らせていくと、くぼんでいる部分があります。
これが神宝(シンポウ)です。
これも10秒間マッサージします。
神宝(シンポウ)は、女性ホルモンの分泌を促し、乳腺を活発にするツボです。
このマッサージが最も重要な点になります。

7、バストを手のひらで持ち上げ、親指で円を描くようにマッサージします。
乳腺は乳首から乳房に放射線につながっています。
この乳腺を揉みほぐすようにイメージするのがポイントです。

8、もう一度脇から胸に脂肪を集めるようにマッサージします。

9、2~8を2セット繰り返します。

ここまでで片方の胸で約5分、両側をマッサージしても約10分です。
正しく行えば、必ず目に見える効果が表れているはずです。

 

ここまででも効果はあると思いますが、これはあくまで入門編にすぎません。
戸瀬恭子さんは美乳カウンセラーであり、全国で4店舗のバストケアサロンを経営しています。
ご興味のある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?
また、このバストケアサロンで行っている内容がDVDとして発売されています。
遠方の方やサロンに足を運べない方は、こちらがおすすめです。

戸瀬恭子の美乳革命