胸を大きくする効果のある注目の成分

胸を大きくする効果のある注目の成分

胸を大きくする効果のある注目の成分

胸を大きくする効果がある成分はプエラリアが有名ですが、その他にもさまざまなものがあり、
どれも効果がありそうで、何がいいのか分からなくなってしまいます。
そので、代表的なバストアップ成分をまとめてみました。

プエラリア

プエラリア

最も有名で定番なのがプエラリアです。
本来は植物の一種の名称で、ガウクルアとも呼ばれています。
植物性エストロゲンの一種で、体内に入ると女性ホルモンと似たような働きをします。
大豆の40倍もの植物性エストロゲンが含まれているとされています。
そのため、最もバストアップ効果のある栄養素の1つと言えるでしょう。
ただし、本当のプエラリアは希少価値が高く、価格も割高になってしまいます。
実際にはほとんど含まれていないにもかかわらず、プエラリア配合を謳っているサプリメントなどもありますので、
注意が必要でしょう。

 プエラリア

大豆イソフラボン

大豆

プエラリアと同様に、植物性エストロゲンの一種にあたる栄養素です。
その名の通り、大豆に多く含まれていて、手軽に取れる植物性エストロゲンです。
そのため、植物性エストロゲン=大豆イソブラボンと言っても過言ではありません。
豆腐や納豆といった大豆製品から摂取することも可能ですが、
濃縮されて手軽に取れるサプリメントも販売されています。

 大豆イソブラボン

ボロン

キャベツ

ボロンも胸を大きくする効果がある栄養素として有名です。
本来はホウ素の英語名で、キャベツなどに多く含まれています。
ボロンは女性ホルモンの働きを活性化する働きがあり、その結果胸を大きくする効果を発揮します。
キャベツ以外でも、ブロッコリーなどに多く含まれていますが、
熱に弱いため、調理方法には工夫が必要となります。

 ボロン

アグアヘ

アグアヘ

アグアヘは、南米原産のフルーツの一種です。
古くから貴重なフルーツとして珍重され、インカ帝国時代から食用とされていたそうです。
近年の研究で、アグアヘには女性ホルモンの1つであるエストロゲンを活性化する強力な作用があることがわかりました。
その強力な作用はプエラリア以上とも言われています。

 アグアヘ

ブラックコホシュ

ブラックコホシュ

ブラックコホシュは、北アメリカ原産のハーブの一種です。
古くはインディアンにも愛用されていて、痛み止めや鎮静剤として利用されてきました。
ブラックコホシュには、エストロゲンと似たような作用があるとされています。
生理の症状や更年期障害の症状を緩和する作用もあります。

 ブラックコホシュ

ジオスゲニン

ジオスゲニン

ジオスゲニンは、山芋の仲間に多く含まれる成分で、多くの健康効果があるとして注目されています。
若返りや滋養強壮の効果があり、その効果は強力なものです。
女性には女性ホルモンを活性化する作用があります。
特に、プロゲステロン(黄体ホルモン)を活性化する作用があるとされています。

 ジオスゲニン

ワイルドヤム

ワイルドヤム

ワイルドヤムは、メキシコ原産のツル植物の一種。
ヤムイモの仲間で、日本でいうヤマノイモという山芋の一種でもあります。
山芋の仲間は200種類以上あるとされていますが、ジオスゲニンを最も含むのがこのワイルドヤムだとされています。

 ワイルドヤム

ポルフィリン

ポルフィリン

ボルフィリンは、肌を柔らかくし、張りを作る強い作用があると注目されている新成分です。
ユリ科のハナスゲという植物の根に含まれる成分で、フランスのセダーマ社によって発見されました。
ボルフィリンという名称は、このまセダーマ社がつけたもので、まだあまり馴染みがありませんが、ハナスゲ根エキスなどとして配合されていることもよくあります。

 ボルフィリン

セサフラッシュ

セサフラッシュ

セサフラッシュは、フランスのセピック社が特許を取得している成分です。
ゴマ由来の注目成分で、肌の張りを短時間で復元させる高い効果があります。
その効果は、5分目尻のシワがなくなるという驚異的な即効性が話題となっています。
そのため、中高年向けの化粧水などに配合されていることがよくあります。

 セサフラッシュ

 

成分

「ボロン」の効果

キャベツ

キャベツ

ボロンというバストアップに効果がある成分をご存知でしょうか?
キャベツに多く含まれている成分として今脚光を浴びています。
このボロンとはいったいどのようなものなのでしょうか?

ボロンとは?

ボロンとは、ホウ素の英語での呼び方で、つまりホウ素のことです。
食品として見ると、ボロンはミネラルの一種で、もともと体内に微量にある成分です。
ボロンは、女性ホルモンの分泌を促す効果があり、骨粗しょう症の予防効果もあるとされています。

ボロンのバストアップ効果

ボロンには女性ホルモンの1つであるエストロゲンを活性化する作用があります。
プエラリアに代表されるような植物性エストロゲンは、エストロゲンのような働きをして代わりをするのに対し、ボロンは、エストロゲン自体を活性化しますので、より自然に近い形でホルモンバランスを正常化します。
エストロゲンは乳腺を発達させますので、バストのサイズアップだけでなく、張りのあるバストを作り出す効果があります。

ボロンを摂取するには?

ボロンは多くの野菜や果物に含まれていますが、最も多く含まれているのがキャベツです。
でずので、サラダにはキャベツを多めにすると効果的に摂取できます。
また、ブロッコリーにも多く含まれています。特に葉の部分より茎の方に多く含まれています。
ブロッコリーが嫌いな方も、茎まで残さず食べるように心掛けてください。
ボロンは熱に弱い成分です。キャベツは生で、ブロッコリーもあまり熱を通し過ぎないように調理するのがポイントです。

 

胸を大きくする効果のある食べ物リスト

胸を大きくする効果のある食べ物リスト

胸を大きくする効果のある食べ物リスト

バストアップに重要な要素の1つが食生活。
胸を大きくするとされる食べ物は、巷では様々なものが紹介されています。
これらの食べ物や食材を一覧にまとめてみましたので、あなたにあったものを選んでみてください。

 

 

1.大豆製品

豆には、胸を大きくする効果があるとされる大豆イソフラボンやタンパク質が豊富に含まれており、
最もポピュラーで身近な食材です。
低脂肪でダイエット効果も期待できるため、太らずにバストアップできる食材です。
大豆からできた主な食べ物はこちらです。

豆乳

豆乳

大豆の成分をそのまま摂取できるのが豆乳です。
1日コップ1杯程度飲み続ければバストアップ効果は大いに期待できます。
プレーン豆乳は苦手な方も多いと思いますので、フルーツやコーヒーの風味を付けたり、
毎日味に変化をつけて飽きないようにするなどすれば、無理なく続けられます。

 

納豆

納豆

納豆は、大豆の栄養素に加え、血液をサラサラにする効果もあります。
大豆本来のイソブラボンやタンパク質のバストアップ効果に加え、新陳代謝が促進し肌のキメも細かくなります。
朝食がパン食の方などは納豆&ご飯に切り替えてみるのもいいかもしれません。

枝豆

枝豆

枝豆が大豆だということに気づいていない方のいるかもしれませんが、枝豆はズバリ大豆そのものです。
大豆を原型そのままで食べるわけですので、大豆の栄養素をそのまま摂取することが可能です。
お酒を飲む方は、ツマミに必ず枝豆を注文するようにしてみてはいかがでしょうか。

豆腐

豆腐

大豆の加工食品として一番イメージしやすいのが豆腐です。
豆腐は豆乳を固めたものですので、もちろんバストアップの効果が期待できます。
最近ではパンの上に載せてトーストにしたり、サラダに混ぜたり、さまざまなアイディアレシピがありますので、
工夫しながら飽きないように摂取し続けるようにしましょう。

きなこ

きなこ

きなこも炒った大豆を粉状にしたものです。
ですので、少量でも大豆の栄養素を効果的に摂取できます。
最近ではきなこ豆乳という豆乳にきなこを混ぜたものも流行っています。
これなら豆乳+きなこでダブルの効果が期待できます。

 

2.肉類

胸を大きくする食材で意外にに落とされがちなのが肉類です。
胸は脂肪のかたまりだと思われていますが、タンパク質が重要なのです。
また、タンパク質には植物性タンパク質と動物性タンパク質があり、これらをバランスよく摂取する必要があります。
肉類には動物性タンパク質が含まれていますので、バストアップ効果が期待できます。

鶏肉

鶏肉

鶏肉は、肉類の中で最も高タンパク低脂肪な食材です。
特にササミなどは脂肪分が少なくダイエット食としても最適です。
牛肉を控え、鶏肉中心の食生活に徐々に移行していくように心掛けてみてください。

レバー

レバー

レバーは、タンパク質に加え、ビタミン・鉄分などバストアップに効果がある他の栄養素も大量に含んでいます。
レバーを食べ続けたら胸が大きくなったという報告も多数あります。
嫌いな方も多いと思いますが、少量で効果のある食材の1つです。

卵

肉ではありませんが、卵は動物性タンパク質のかたまりですので、バストアップにはもちろん効果があります。
肉があまり好きではない方などは、替わりに卵を食べるとうにするのもおすすめです。

 

 

3.乳製品

乳製品も動物性タンパク質を大量に含んでいる食材の1つです。
牛乳やチーズなど幅広いものがありますので、ご自分にあったもの選び、毎日バランスよく摂り続けることが重要です。

牛乳

牛乳

乳製品の代表格が牛乳です。
毎日牛乳をがぶ飲みしたら胸が大きくなったという話題もよく耳にしますし、
その逆よくあります。
大量に飲み続けることは無理がありますし、長続きしませんので、適量で長く飲み続けることで効果が現れます。
就寝前にコップ1杯牛乳を飲むといった習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

チーズ

チーズ

チーズは発酵食品である上に、牛乳の栄養素が濃縮されて含まれています。
動物性タンパク質だけでなく、ビタミンAなども豊富にふくまれていますので、バストアップにはとても効果的です。
牛乳を毎日飲むのが大変は方は、チーズで代替するのもいいでしょう。

ヨーグルト

ヨーグルト

ご存知のように、ヨーグルトには整腸作用があります。
乳製品本来の動物性タンパク質も含んでいますので、バストアップとともに肌をきめ細かくする効果もあります。
胸を大きくしながら張りのある胸を目指したいなら、ヨーグルトがおすすめです。

 

 

4.魚介類

魚介類には、タンパク質だけでなくさまざまな栄養素が大量に含まれています。
魚介類から抽出したサプリメントが多いのもそのためです。
ひとくちに魚介類といっても幅が広く、含まれる栄養素もさまざまですので、
これらを理解した上でご自分に合ったものをバランスよく食べるようにしましょう。

イワシ

イワシ

イワシには、イワシペプチドと呼ばれる成分が大量に含まれています。
イワシペプチドは、バストアップに重要な女性ホルモンの分泌を促進し、エストロゲンの代謝をアップする成分として有名です。
そのまま焼き魚として食べてももちろんOKですが、つみれやかまぼこなど、イワシでできた加工食品もおおくありますので、
お好みにあわせたものを無理なく摂取するようにしましょう。

鮭

日本人に最も身近な魚の1つの鮭ですが、最近では鮭に含まれる豊富な栄養素が注目されています。
血液をサラサラにするDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、高血圧を予防するカリウム、骨を丈夫にするリンといったミネラルも豊富です。
鮭から抽出したバストアップサプリメントまで登場してきているほどです。

牡蠣

牡蠣

牡蠣は海のミルクと呼ばれるほど栄養素が豊富に含まれています。
代表的なものだけでも、アミノ酸・カルシウム・ミネラル・鉄・ビタミンE・亜鉛などです。
特に亜鉛は、女性ホルモンを促す働きがありますので、バストアップに効果的です。

マグロ

マグロ

マグロには、バストアップに必要とされるアミノ酸や美肌効果があるビタミンEが多く含まれています。バストアップと同時に美容やダイエット効果も期待できます。
トロより赤身を中心にたべるように心掛けてください。

うなぎ

うなぎ

うなぎは、良質なタンパク質に加え、ビタミンA、B、E、カルシウムや鉄分などが豊富です。
日常そうそう食べられるものではありませんが、バストアップだけでなく美容効果も大いに期待されます。

海藻

海藻

海藻類には、ビタミン群などの栄養素が野菜以上に大量に含まれています。
大量に食べることは難しいですが、少量でも効果的にこれらを摂取できます。
特にひじきや昆布などは効果的です。

するめ

するめ

するめにはイカに含まれるタンパク質やミネラルが凝縮されて含まれています。
脂肪分はほぼゼロですので、ダイエット食としても効果的です。
食べる時に顎を使いますので、首から方にかけての筋肉を鍛え、垂れ下がった胸を持ち上げる効果も期待できます。

 

 

5.ナッツ類

ナッツ類には、ビタミン類を中心に美容効果のある成分が凝縮して含まれています。
ですので、張りのある胸を作ったり、垂れてきてしまった胸を元に戻す効果が期待できます。

アーモンド

アーモンド

美容効果で脚光を浴びているのがアーモンドです。
もちろんバストアップにも効果があります。
アーモンドには、ビタミンEをはじめ、不飽和脂肪酸であるオレイン酸が大量に含まれています。
また、カルシウム・カリウム・亜鉛なども含まれ、栄養の宝庫とも言われています。

ピーナッツ

ピーナッツ

ピーナッツにもアーモンドと同じようにビタミンEやオレイン酸・カルシウム・亜鉛が大量に含まれています。
食べ過ぎには注意も必要ですが、バストアップや美容効果は大いに期待できます。

 

 

6.野菜のなかま

野菜にももちろんバストアップ効果があるものがたくさんあります。
野菜なら何でも良さそうな気がしますが、バストアップに関しては特定のものが特に効果的とされています。
これらのものをバランスよく摂取し、それを続けることが重要です。

キャベツ

キャベツ

バストアップに効果のある野菜の中で最も有名なのがキャベツです。
キャベツには、ボロンと呼ばれる成分が大量に含まれています。
ボロンは、イソブラボンと同様に、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を促す効果があります。
サラダにはレタスの代わりにキャベツにしてみてはいかがでしょうか?

人参

人参

人参に含まれるベータカロチンは、皮脂や粘膜を美しく保つ保湿効果があります。
胸をそもそも大きくする効果はさほど期待できませんが、
しっとりとしたバストを作り、張りのある胸にする効果は期待できます。
ニンジンエキスが含まれたバストアップクリームも最近では販売されています。

アボカド

アボカド

アボカドは、各種ビタミン、ミネラル、コエンザイムQ10、鉄、カリウム、カロチンなど豊富な栄養成分を含んでいます。
また、タンパク質を大量に含んでいる珍しい野菜の仲間でもあります。
ですので、これだけでバストアップに必要な栄養素をバランスよく摂取できる効果的な食材です。

ピーマン

ピーマン

ピーマンは、実は大量のビタミンCを含んでいます。
ビタミンCを摂取することで美肌や美白効果が期待できます。
胸を大きくする効果というより、張りのある美しいバストを作るのに効果があります。
ビタミンCは熱に弱いため、生でたべるのがおすすめです。
パプリカでも同様の効果が期待できますので、スライスしてサラダに乗せてきてはいかがでしょう。

ほうれん草

ほうれん草

ほうれん草は、ビタミンA・Eや鉄分が豊富に含まれています。
鉄分は女性に不足がちですので、補充することで体のバランスを整え、結果女性ホルモンの分泌不足を改善する効果があります。
また、ほうれん草にはイソフラボン誘導体というエストロゲンに似た働きをする成分がありますので、バストアップには効果的な食材です。

ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーには、キャベツと同様にエストロゲンの分泌を促す効果があるボロンという成分がふくまれています。
特に、このボロンは茎の部分に大量に含まれています。
ですので、茎も残さず食べる方がバストアップには効果的です。

モロヘイヤ

モロヘイヤ

モロヘイヤに含まれる栄養素がものすごいのは有名です。
カロチンは、ホウレンソウの4.6倍、ビタミンEの含有量は野菜の中ではナンバー1とされています。
ただし、気軽に手に入る食材ではありませんし、苦手な方も多いでしょう。
モロヘイヤから抽出したサプリメントも多く発売されていますので、このようなもので摂取するのもオススメです。

 

 

7.果物のなかま

果物にはビタミンを中心とした栄養素が豊富に含まれています。
バストアップにつながるものがほとんどで、NGというものは基本的にありません。
この中で特にバストアップ効果があるものをピックアップします。

アグアヘ

アグアヘ

アグアヘは南米原産の果物です。ミラクルフルーツとして近年注目されています。
古くから南米では食されていましたが、最近の研究で、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を活発にするとても強力な効果が発見され、あのプエラリアよりも強力とも言われています。
ただし、希少価値が高く、日本ではほとんど手にはいりません。サプリメントなどとして服用するのが一般的です。

イチゴ

イチゴ

イチゴには実はレモン以上のビタミンCが含まれています。
イチゴが嫌いな人はほとんどいませんし、気軽に効果的にビタミンCを摂取できる食べものです。
牛乳との相性も抜群ですので、イチゴミルクなどにして飲めばバランスよく効果的にバストアップできます。

ザクロ

ザクロ

バストアップ効果のある果物の代表格として知られているのがザクロです。
ザクロには、植物性エストロゲンと言われる女性ホルモンのエストロゲンとそっくりな働きをする成分が豊富に含まれています。
普段気軽に手に入るものではありませんので、ザクロジュースやサプリメントで服用するのが現実的です。

レーズン

レーズン

レーズンには、食物繊維の他、カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・マンガンなどのミネラルが豊富に含まれています。
特に、鉄や亜鉛はバストアップに効果があります。
乾燥させることで凝縮されていますので、少量でも効果的に栄養素を摂取できる食品です。

 

 

まとめ

これらの食品・食材は、どのような効果を期待して選ぶかが重要になります。
例えば、胸のサイズアップをしたいのか?胸の張りを出したいのか?垂れてしまったのを改善したいのか?などによって異なってきます。
やみくもに牛乳や豆乳をがぶ飲みしても効果があるとは言えません。
また、いずれもバランスよく摂ることが重要です。
1つの食品ばかり大量に摂取しても、効果がないばかりか体調を崩してしまうこともあります。
更に、長く続けていくことが最も重要です。
最初だけ大量に食べて、その結果飽きてしまい、長続きしたいというケースがよくあります。
効果がなかったという方の多くはほとんどがこれでしょう。
これらを踏まえ、ご自分に合うものを選び、無理なく長く続けて行ける方法も合わせて考えましょう。