バストアップサプリメントによくある4大副作用

バストアップサプリの副作用

バストアップサプリの副作用

バストアップサプリで一番心配なのが副作用。
これからバストアップサプリを試してみようと思っている方が気になっているのはこれではないでしょうか?
また、バストアップサプリを経験した方の中でも副作用で使用をストップした方もいるでしょう。
そこで、バストアップサプリのよくある副作用をまとめてみます。

ニキビ・肌荒れ

副作用で最も多いのが、ニキビや肌荒れです。
元々ニキビがある方はひどくなってしまったり、ニキビがなかった方でもできてしまうケースがあったりします。
元々ニキビがある方の場合、バストアップサプリとの因果関係を特定するのが難しい場合もあります。
一度ニキビができ始めてしまうとすぐにはきれいに治らないため、長引いてしまいがちな副作用の1つです。
ただし、中にはニキビが改善したり、肌のツヤがよくなったという逆のケースもあるようです。

頭痛・倦怠感

次に多い副作用が頭痛や倦怠感です。
特に頭痛は服用後に現れますので、服用をストップすれば治まるケースがほとんどです。
服用を続けていても慣れれば治まるケースもあり、その見極めが難しい点もあります。

生理不順

生理の周期が早まったり遅くなったりする症状です。
バストアップサプリは、成分にかかわらず女性ホルモンの働きを活発にしたり、それに似た働きをするものがほとんどですので、それに由来する副作用です。
ですので、元々生理不順だった方が逆に改善したというケースもあります。

不正出血

バストアップサプリの副作用で最も重いものが不正出血です。
腹痛をともなうケースもあり、通院することになってしまうケースもあります。
このような症状があった場合、当然服用をストップするべきです。

副作用を最小限に抑えるために

まず、重度の副作用があった場合には、直ちに服用をストップすることが大切です。
特に出血などがあった場合には直ちに医師の診断を受けましょう。
それ以外の場合、服用する量を徐々に調整してみることが重要です。
多くのバストアップサプリでは、1回の服用量が複数錠になっています。
1回辺りの服用量を減らしてみたり、頻度を下げてみたりして、症状がどのように変化するか確かめてみましょう。
また、副作用が出てしまい、服用をストップしてしまうと症状が悪化してしまう場合もあります。
活性化した女性ホルモンが、服用をストップしたことでまた減少してしまい、この上下動によって更に症状が悪化したり別の副作用が発生してしまうこともあります。

バストアップサプリは効果なし?失敗しない3つの選び方

バストアップサプリは効果なし?失敗しない3つの選び方

バストアップサプリは効果なし?失敗しない3つの選び方

バストアップサプリは効果がないと思われている方が多いようです。
まだ試してみたことがない場合、バストアップサプリメントは怪しいものが多いというイメージもあるようです。
また、経験者の中では、効果がなかったのでやめたという方も多いです。
そこで、初めての人でも経験者の方でもこれから失敗しないためのバストアップサプリメントの選び方3つのポイントをご紹介します。

プエラリアの有無を確認

バストアップサプリメントを選ぶ際、基準となるのがプエラリアです。
大きく分けて「プエラリア系」と「非プエラリア系」に別れます。
これは、外用薬でいう「ステロイド系」「非ステロイド系」に似ています。
プエラリアは、効果がある人とそうでない人の差がはっきりする傾向があります。
効果がある人の場合、始めて数日で張りが出てきたり、ブラがきつくなってきたりなど、体感できる現象があらわれてきます。
また、効果のあるなしにかかわらず、副作用がある人とそうでない人にも分かれます。
副作用では、ニキビや吹き出物の悪化や生理不順などが多く、ひどい場合には不正出血を起こしてしまう場合もあります。
もし初めてバストアップサプリメントを試されるという方の場合、お試し価格のあるプエラリア系のものを選んで短期間試してみて、効果や副作用の有無を確認してみるのがおすすめです。
プエラリアサプリメントで効果がなかったり、副作用があったりした方、またプエラリアには抵抗があるという方は、非プエラリアサプリメントを試してみるのがおすすめです。

価格・口コミを確認

バストアップサプリメントの中では、適正な成分配合でないものがあるのも事実です。
残念ながら、プエラリアを少量しか含んでいないにもかかわらず、プエラリア配合を大々的に露出している商品もあるのが実態です。
プエラリアは貴重なものですので、プエラリア配合を謳いながら価格が以上に安いものは要注意です。
「初めてだから安いもので試してみよう」という発想は失敗の原因になってしまいます。
始めてだからこそしっかりした定評のある商品を選びましょう。

求めるのはボリューム?張り?

バストアップという言葉はかなり曖昧です。
貧乳に悩んでいる方ならバストのボリュームを増やしてカップのサイズアップを目指したいところでしょう。
こちらは10代~20代の比較的若い世代の女性に多い悩みではないでしょうか?
一方、バストの張りを求めている方もいます。
出産後や授乳後にバストの張りがなくなってしまったと感じている方や加齢とともに胸が垂れてきてしまっている方などはこちらに当たります。
こちらは30代以降の女性に多いのではないでしょうか?
バストアップサプリを選ぶ場合、サイズをアップしたいのか?張りを取り戻したいのか?によって商品を選ぶことが重要です。

バストアップサプリメントで失敗しないためには?

バストアップサプリメントの効果は、マッサージストレッチを合わせて行うことで効果がより現れます。
逆に、サプリメントだけで効果抜群だったというケースはそれほどありません。
これはダイエットに共通する部分でもあります。
バストアップサプリメントは決して安いものではありませんので、このようなマッサージストレッチと合わせて行い、
より相乗効果を発揮できるように心掛けたいものです。

 

胸の張りがなくなった。その原因と対処法

胸が小さい原因

胸が小さい原因

年齢とともに胸の張りがなくなったと感じる女性は多く言います。
胸がおおきな人ほど、加齢とともに張りが無くなり、垂れてきてしまうケースはよくあります。
また、若い女性でも胸の張りがなくなったと感じることもあります。
年齢も若く、出産前の女性が急にこのような症状が出る場合には注意が必要なこともあります。

出産後に胸の張りがなくなってきた場合

出産経験のある女性のほとんどは、これを経験しているのではないでしょうか?
特に断乳後に胸がしぼんでしまったように感じる方も多いと思います。
授乳時には乳腺が急激に活発化し、断乳後は急激に活動が小さくなりますので、ある意味では生理現象と言えるでしょう。
最初は気になるかもしれませんが、時間が経つにつれて徐々に改善していくはずです。
それでも気になる場合、マッサージやストレスを行ってみてください。出産後のこのような症状では、まだ自然治癒力もありますので、効果も現れやすくなります。
おすすめなのはおっぱい体操です。
長年初産婦として約3000人の赤ちゃんをとりあげてきた神藤多喜子さんが考案した体操です。



加齢とともに胸の張りがなくなった場合

加齢とともに胸の張りがなくなり、垂れてきてしまったとう方も多いと思います。特に40代に入ったとたんに張りがなくなったと感じる傾向が強いようです。こちらのケースでは、女性ホルモンの分泌量が減少してきているのが原因です。効果的なのは、この女性ホルモンと同じような働きをする植物性エストロゲンを摂取することです。
食品では、豆腐や納豆といった大豆製品を多めに摂ることをおすすめします。大豆には、大豆イソフラボンという代表的な植物性エストロゲンが大量にふくまれていますので、減少した女性ホルモンの働きを補うことができます。
最も確実で即効性があるのは、サプリメントです。
食事で摂取するよりも簡単で効率的。無理なく続けられます。
おすすめサプリメントはこちらです。

 
胸が垂れてきたと感じた人におすすめのバストアップサプリ

 

若い女性の胸の張りがなくなる場合

出産前の女性が急に胸のはりがなくなる場合、注意が必要です。
原因は、何らかの要因で女性ホルモンのバランスが急激に乱れているからです。

過度な運動やストレス

大きなストレスが急にかかると、ホルモンバランスも急激に乱れてしまいます。特に転職後や大きなプロジェクトを任された際、このような症状がある場合もあります。更にひどくなると生理不順なども併発してきてしまいます。適度な気分転換を行い、ストレスを溜めすぎないことが重要です。

過度な運動も原因となることがあります。特に無理なダイエットと同時に行き過ぎた運動を行うと、このような症状が出やすくなります。激しいトレーニングを行う女性アスリートが生理が止まってしまうというのは有名ですが、最近ではこのような行き過ぎたトレーニングも見直されてきています。

妊娠初期

また、妊娠に絡む時期にもこのような症状があることがあります。妊娠中に急に胸の張りがなくなった場合、流産している危険性があります。妊娠初期の流産では自覚症状がすくないため、気が付きにくいことがあり、胸の張りがサインとなるケースもあります。
逆に妊娠したことで胸の張りががなくなることもまれにあります。
ほとんどの場合、妊娠すると胸が張り出したり、痛みを感じる事が多いのですが、妊娠初期の女性ホルモンは短期間で大幅に変化していきますので、中には張りがなくなるという症状がまず表れることもあるのです。

 

胸を大きくしたいならするべき6箇条

胸 大きくしたい

胸 大きくしたい

胸を大きくしたい、垂れた胸を上向きにしたい、外向きバストを寄せて胸の谷間を作りたい。
バストに関する悩みはたくさんあります。
また、その方法もさまざまな情報が氾濫しています。
これらの情報を整理すると、大きく分けて6つの方法になります。

マッサージ

気軽にお金も掛けずにバストアップする方法がマッサージです。
効果は人それぞれですが、即効性があるマッサージ方法もあります。
たかがマッサージと思うかもしれませんが、継続することで効果も上がっていきます。

 本当に胸を大きくするマッサージ3選

ストレッチエクササイズ

マッサージと同様、気軽にできるのがエクササイズです。
一言でストレッチといっても、胸を中心としたもの、背中を中心としたもの、姿勢を正すものなどさまざまなものがあります。
ご自分に合ったものを選んで続けていくことが成功のポイントです。

 胸を大きくするストレッチ・エクササイズ5選

ツボ刺激

最も簡単でにできるのがツボ刺激です。
胸を大きくする効果があるとされるツボは実はたくさんあります。
中には痛みを感じるツボもありますが、これは効果がある証拠です。
意外な即効性があるツボもありますので、マッサージなどと併用するとなお効果的です。

 胸を大きくする8つのツボ

食事

食事もバストには大きく関係しています。
バストが小さかったり垂れてきてしまったという方の中には、女性ホルモンのバランスが乱れてしまっている方も多く、
これが原因だというケースもよくあります。
まず、バストに効果のある栄養素をご紹介していますので、参考にしてみてください。
また、これらの栄養素を効率よく補給する食材もこちらで詳しくご紹介しています。

 胸を大きくする効果のある食べ物リスト

サプリメント

バストに食事が重要だということは申し上げましたが、
忙しい現代人は、なかなか理想通りの食生活にするのは難しいものです。
簡単に効率よくこれらの栄養素を補給できるのは、やはりサプリメントです。
こちらに代表的なサプリメントを比較してご紹介しています。
トライアルキットなどもありますので、是非試してみてください。

 胸を大きくするバストアップサプリメント比較

ジェル・クリーム

ジェルやクリームは、マッサージとともに使用すると、相乗効果で効果がアップします。
また、お風呂あがりなどで使ってもとても効果的です。
美肌・美白効果もあるものがほとんどですので、決して使って損ということはありません。
これらの中でお好きな方法を選んでやってみるのも結構ですが、
組み合わせて行うことで、効果は必ずアップします。

 おすすめバストアップクリーム・ジェル比較

 

また、本気で胸を大きくしたいのなら、有料DVDを使ってみるのもおすすめです。
よく怪しいバストアップDVDも見かけることもありますが、
こちらはでは、バストアップで有名な方が実演・監修しているDVDのみをご紹介しています。

戸瀬恭子の美乳革命

テレビで話題になった戸瀬恭子さんのバストアップ法完全版DVDです。芸能人も体験した5分で効果がでる即効性が人気です。


こちらもテレビで話題になったカリスマトレーナー前島敏也氏のDVDです。ストレッチを用いたバストアップ法で、食事制限が一切不要で同時にダイエットもできるDVDです。

胸がない人の悩み6パターン

胸がない人の悩み

胸がない人の悩み

胸がない、胸が小さい人の悩みは、その人にしか分からないものです。
胸の大きい人は、「肩が凝る」「運動の邪魔になる」「下が見えにくい」「男性からの視線が気になる」
という悩みが多いようですが、これらは胸の小さい人からはどれも羨ましい悩みです。
そこで、胸の小さい人が共感できるお悩みをまとめてみました。

視線が気になる

胸が小さいと思っている方は、大きい人以上に人の視線を気にする傾向があります。
男性の視線はもちろん、女性からの視線も気になり、内心笑っているのではないかという被害妄想に駆られます。
小声で話をしている姿を見ると、自分の小さい胸の話をされているのではないかと思い込んでしまったりもします。
その結果、胸を隠そうとする意識が強くなり、知らない間に猫背になってしまい、悪循環に陥ってしまいがちです。

恋愛に臆病になる

一番多いのがこれではないでしょうか?
好きな人が出来ても、その先の事を想像してがっかりされてしまうのが恐くて告白できなかったり、
好意を寄せてくれている人がいても同じ理由で一歩踏み込めなかったりします。
また、これらの経験がトラウマになってしまい、同じことを繰り返してしまいます。
このコンプレックスが強くなると、異性に対する態度にも出てしまい、
男性からは愛想のない女性だと勘違いされてしまう事もあったりします。

彼氏に申し訳なく感じる

彼氏ができたとしても、胸が小さいことに負い目を感じてしまっているケースもよくあります。
Q&Aサイトでは、このような悩みの相談がたくさん寄せられています。
「胸が小さい方が可愛くていいよ」
「胸で好きななった訳がないよ」
などと彼氏は言ってくれますが、
これは本心ではなく慰めで言っているような気がして素直に受け取れまくなってしまいます。
その結果、関係がぎくしゃくしてしまったり、最終的に別れてしまうことも少なくないようです。

水着になるのが恥ずかしい

胸の小さい人は、薄着になる夏が苦手な人が圧倒的に多いです。
特に胸が協調される水着は特に苦手な方が多いのではないでしょうか?
普段はブラジャーで何とかごまかせても、水着となるとそうも行きません。
逆に、普段ブラジャーでごまかしていたのがバレてしまいます。
友達と海やプールに行っても、胸の小さい自分が引き立て役になってしまっているような気分になります。
男性の視線も、自分より友達の方ばかりに行ってしまいます。
そんな事ばかり気になって、せっかくの海やプールを楽しめなかったという方も多いのではないでしょうか?

気に入った下着がない

下着選びの多くの方が抱えている悩みです。
せっかく気に入ったデザインのブラジャーがあっても小さいカップのものがなかったり、
そもそも選択肢が限られてしまったりします。
店員さんに尋ねようにも、カップを聞かれたり測られたりするのが恥ずかしく、
声を掛けられないという人も多いようです。

子供が産まれたら授乳が心配

胸が小さい方が心配するのが授乳です。
「こんなに小さい胸を赤ちゃんが吸えるかしら?」
一人で心配している方も多いでしょう。
また、「そもそも母乳が出るのかしら?」と思っている方も多いのではないでしょうか?
こちらは正しい知識を身につければさほど困ることではありませんが、
若い方の中では漠然と心配している方も多いようです。

胸が小さい原因

胸が小さい原因

 

胸が小さい原因

胸が小さいという悩みは深刻なものです。
これは実際に悩みを抱えている人にしか分からないものでしょう。
女性同士でも相談できず、コンプレックスになっている方も多いのではないでしょうか?
友達や同僚との温泉旅行でも、入浴時のことが心配になってしまったり、
恋愛でも胸に対するコンプレックスが原因で奥手になってしまったりすることがあります。
多くの方は、胸が小さい原因は遺伝だと思い込んでいます。
確かにこれも原因の1つではありますが、これ以外の方がはるかに影響が大きいと言えます。
このように遺伝意外で胸の小さい原因になりうるものをご紹介します。

姿勢が悪い

最も大きな原因の1つが姿勢です。
猫背の場合、胸が小さく見えるだけでなく、垂れているようにも見えてしまいます。
見た目だけの問題ではありません。
猫背の方の多くは、呼吸が浅く酸素を十分に取り込めません。
その結果、慢性的に血行不良になり、体内に栄養が行きわたらなくなり、リンパ液の流れも悪くなり、女性ホルモンの分泌にも悪影響があります。
たかが姿勢だと思うかもしれませんが、このように負のスパイラルに陥る原因となりうるのです。

バランスの悪い食事

バランスの悪い食事では、全てにおいていい影響はないとは分かっていても、忙しい現代人ではなかなか難しいものです。
もちろん食事もバストには大きな影響があります。
バランスの悪い食生活が続くと、特に女性ホルモンの分泌が正しく促されなくなってしまいます。
胸の大きさを左右する乳腺と女性ホルモンは密接な関係にありますので、悩みを抱えている方は要注意です。
また、食事は肌にも影響しますので、肌の張りの低下で胸が垂れてきてしまうなど、間接的な悪影響もあります。
脂っぽいものやジャンクフードが多い方は、なるべく回数を減らし、
緑黄色野菜なもの定期的に摂取するように心掛けましょう。

冷え症

多くの女性が抱えている悩みの1つが冷え症です。
冷え症もバストに悪影響があります。
そもそも冷え症の主な原因は血行不良です。
血行不良は十分な新陳代謝が行えなくなり、胸の張りに悪影響を及ぼします。
また、冷え症によりリンパ線の活動も低下し、リンパ液の流れも停滞します。
特に胸部のリンパ節と胸の大きさ・形状は密接な関係にありますので大切です。
冷え症は万病の元でもありますので、適度な運動や十分な入浴などで改善を目指しましょう。

寝不足・睡眠リズムの乱れ

寝不足や睡眠リズムの乱れも大きな原因になります。
まず、睡眠は女性ホルモンの分泌に密接な関係がありますので、寝不足や睡眠リズムの乱れはバストに悪影響を及ぼします。
生理不順など他の影響にも繋がりますので、注意したいものです。
また、睡眠中には成長ホルモンが分泌されるのはよく知られていますが、成長ホルモンは成長期にしか分泌されないものだという勘違いをされている方がよくいます。
成長ホルモンは、成長期に最も多く分泌されますが、大人になってからでも一定量は分泌され続けます。
この大人になってから分泌される成長ホルモンは、身長が伸びるには至りませんが、
胸を大きくするのには有効です。
ですので、成長ホルモンが最も分泌されると言われる午後10時~12時には就寝できるように心掛けましょう。

ストレス

現代人にストレスはつきものですが、過度のストレスはバストに悪影響があります。
過度のストレスを抱え続けると、自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌が正常に行えなかったり低下したりします。
これにより、胸が小さくなってしまったり、張りがなくなってしまったりすることがあります。
ひどくなると、バストだけでなく生理不順になったり、生理が止まってしまうこともあります。
ストレスをゼロにすることはなかなか難しいとは思いますが、うまくストレスと付き合い、溜め過ぎないようにすることが重要です。

過度のダイエット

ダイエットによっても胸は小さくなってしまいます。
成長期や思春期におけるダイエットでは、成長ホルモンの分泌がダイエットによって減少してしままいます。成長ホルモンは、身長や骨格の形成だけでなく、女性らしい体型を作る上でもとても重要です。また、この時期に女性ホルモンの分泌量も急激に増加していきますが、ダイエットによって十分に分泌されなくなったり、ホルモンバランスが乱れたりしてしまいます。
たま、ダイエットをすると今まであった胸がなくなってしまったということもあります。
無理な食事制限によるダイエットを行うとこのような傾向があります。もちろんダイエットでは食事の制限も重要ですが、バストアップによい食材を取り入れながら食事のバランスを取り、マッサージストレッチと組み合わせながら行うことでくびれのある女性らしい体型を維持しながらダイエットをすることができます。

あきらめ

胸が小さい方の最も大きい原因といえるのがあきらめです。
親や兄弟も小さいから仕方がない。
別に彼氏を欲しい訳じゃないから必要ない。
と、自分に言い聞かせてしまっているケースがよくあります。
その結果、胸を強調しない服装にが多くなったり、姿勢も悪くなったり、ケアを怠ったりと悪循環になってしまいます。
胸の大きさは先天的な要素より、努力次第で必ず大きくなります。
まずはあきらめないでいろいろな方法にチャレンジしてみましょう。