胸を大きくする効果のある注目の成分

胸を大きくする効果のある注目の成分

胸を大きくする効果がある成分はプエラリアが有名ですが、その他にもさまざまなものがあり、
どれも効果がありそうで、何がいいのか分からなくなってしまいます。
そので、代表的なバストアップ成分をまとめてみました。

プエラリア

プエラリア

最も有名で定番なのがプエラリアです。
本来は植物の一種の名称で、ガウクルアとも呼ばれています。
植物性エストロゲンの一種で、体内に入ると女性ホルモンと似たような働きをします。
大豆の40倍もの植物性エストロゲンが含まれているとされています。
そのため、最もバストアップ効果のある栄養素の1つと言えるでしょう。
ただし、本当のプエラリアは希少価値が高く、価格も割高になってしまいます。
実際にはほとんど含まれていないにもかかわらず、プエラリア配合を謳っているサプリメントなどもありますので、
注意が必要でしょう。

 プエラリア

大豆イソフラボン

大豆

プエラリアと同様に、植物性エストロゲンの一種にあたる栄養素です。
その名の通り、大豆に多く含まれていて、手軽に取れる植物性エストロゲンです。
そのため、植物性エストロゲン=大豆イソブラボンと言っても過言ではありません。
豆腐や納豆といった大豆製品から摂取することも可能ですが、
濃縮されて手軽に取れるサプリメントも販売されています。

 大豆イソブラボン

ボロン

キャベツ

ボロンも胸を大きくする効果がある栄養素として有名です。
本来はホウ素の英語名で、キャベツなどに多く含まれています。
ボロンは女性ホルモンの働きを活性化する働きがあり、その結果胸を大きくする効果を発揮します。
キャベツ以外でも、ブロッコリーなどに多く含まれていますが、
熱に弱いため、調理方法には工夫が必要となります。

 ボロン

アグアヘ

アグアヘ

アグアヘは、南米原産のフルーツの一種です。
古くから貴重なフルーツとして珍重され、インカ帝国時代から食用とされていたそうです。
近年の研究で、アグアヘには女性ホルモンの1つであるエストロゲンを活性化する強力な作用があることがわかりました。
その強力な作用はプエラリア以上とも言われています。

 アグアヘ

ブラックコホシュ

ブラックコホシュ

ブラックコホシュは、北アメリカ原産のハーブの一種です。
古くはインディアンにも愛用されていて、痛み止めや鎮静剤として利用されてきました。
ブラックコホシュには、エストロゲンと似たような作用があるとされています。
生理の症状や更年期障害の症状を緩和する作用もあります。

 ブラックコホシュ

ジオスゲニン

ジオスゲニン

ジオスゲニンは、山芋の仲間に多く含まれる成分で、多くの健康効果があるとして注目されています。
若返りや滋養強壮の効果があり、その効果は強力なものです。
女性には女性ホルモンを活性化する作用があります。
特に、プロゲステロン(黄体ホルモン)を活性化する作用があるとされています。

 ジオスゲニン

ワイルドヤム

ワイルドヤム

ワイルドヤムは、メキシコ原産のツル植物の一種。
ヤムイモの仲間で、日本でいうヤマノイモという山芋の一種でもあります。
山芋の仲間は200種類以上あるとされていますが、ジオスゲニンを最も含むのがこのワイルドヤムだとされています。

 ワイルドヤム

ポルフィリン

ポルフィリン

ボルフィリンは、肌を柔らかくし、張りを作る強い作用があると注目されている新成分です。
ユリ科のハナスゲという植物の根に含まれる成分で、フランスのセダーマ社によって発見されました。
ボルフィリンという名称は、このまセダーマ社がつけたもので、まだあまり馴染みがありませんが、ハナスゲ根エキスなどとして配合されていることもよくあります。

 ボルフィリン

セサフラッシュ

セサフラッシュ

セサフラッシュは、フランスのセピック社が特許を取得している成分です。
ゴマ由来の注目成分で、肌の張りを短時間で復元させる高い効果があります。
その効果は、5分目尻のシワがなくなるという驚異的な即効性が話題となっています。
そのため、中高年向けの化粧水などに配合されていることがよくあります。

 セサフラッシュ

 

注目の商品