胸が小さい原因

 

胸が小さい原因

胸が小さいという悩みは深刻なものです。
これは実際に悩みを抱えている人にしか分からないものでしょう。
女性同士でも相談できず、コンプレックスになっている方も多いのではないでしょうか?
友達や同僚との温泉旅行でも、入浴時のことが心配になってしまったり、
恋愛でも胸に対するコンプレックスが原因で奥手になってしまったりすることがあります。
多くの方は、胸が小さい原因は遺伝だと思い込んでいます。
確かにこれも原因の1つではありますが、これ以外の方がはるかに影響が大きいと言えます。
このように遺伝意外で胸の小さい原因になりうるものをご紹介します。

姿勢が悪い

最も大きな原因の1つが姿勢です。
猫背の場合、胸が小さく見えるだけでなく、垂れているようにも見えてしまいます。
見た目だけの問題ではありません。
猫背の方の多くは、呼吸が浅く酸素を十分に取り込めません。
その結果、慢性的に血行不良になり、体内に栄養が行きわたらなくなり、リンパ液の流れも悪くなり、女性ホルモンの分泌にも悪影響があります。
たかが姿勢だと思うかもしれませんが、このように負のスパイラルに陥る原因となりうるのです。

バランスの悪い食事

バランスの悪い食事では、全てにおいていい影響はないとは分かっていても、忙しい現代人ではなかなか難しいものです。
もちろん食事もバストには大きな影響があります。
バランスの悪い食生活が続くと、特に女性ホルモンの分泌が正しく促されなくなってしまいます。
胸の大きさを左右する乳腺と女性ホルモンは密接な関係にありますので、悩みを抱えている方は要注意です。
また、食事は肌にも影響しますので、肌の張りの低下で胸が垂れてきてしまうなど、間接的な悪影響もあります。
脂っぽいものやジャンクフードが多い方は、なるべく回数を減らし、
緑黄色野菜なもの定期的に摂取するように心掛けましょう。

冷え症

多くの女性が抱えている悩みの1つが冷え症です。
冷え症もバストに悪影響があります。
そもそも冷え症の主な原因は血行不良です。
血行不良は十分な新陳代謝が行えなくなり、胸の張りに悪影響を及ぼします。
また、冷え症によりリンパ線の活動も低下し、リンパ液の流れも停滞します。
特に胸部のリンパ節と胸の大きさ・形状は密接な関係にありますので大切です。
冷え症は万病の元でもありますので、適度な運動や十分な入浴などで改善を目指しましょう。

寝不足・睡眠リズムの乱れ

寝不足や睡眠リズムの乱れも大きな原因になります。
まず、睡眠は女性ホルモンの分泌に密接な関係がありますので、寝不足や睡眠リズムの乱れはバストに悪影響を及ぼします。
生理不順など他の影響にも繋がりますので、注意したいものです。
また、睡眠中には成長ホルモンが分泌されるのはよく知られていますが、成長ホルモンは成長期にしか分泌されないものだという勘違いをされている方がよくいます。
成長ホルモンは、成長期に最も多く分泌されますが、大人になってからでも一定量は分泌され続けます。
この大人になってから分泌される成長ホルモンは、身長が伸びるには至りませんが、
胸を大きくするのには有効です。
ですので、成長ホルモンが最も分泌されると言われる午後10時~12時には就寝できるように心掛けましょう。

ストレス

現代人にストレスはつきものですが、過度のストレスはバストに悪影響があります。
過度のストレスを抱え続けると、自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌が正常に行えなかったり低下したりします。
これにより、胸が小さくなってしまったり、張りがなくなってしまったりすることがあります。
ひどくなると、バストだけでなく生理不順になったり、生理が止まってしまうこともあります。
ストレスをゼロにすることはなかなか難しいとは思いますが、うまくストレスと付き合い、溜め過ぎないようにすることが重要です。

過度のダイエット

ダイエットによっても胸は小さくなってしまいます。
成長期や思春期におけるダイエットでは、成長ホルモンの分泌がダイエットによって減少してしままいます。成長ホルモンは、身長や骨格の形成だけでなく、女性らしい体型を作る上でもとても重要です。また、この時期に女性ホルモンの分泌量も急激に増加していきますが、ダイエットによって十分に分泌されなくなったり、ホルモンバランスが乱れたりしてしまいます。
たま、ダイエットをすると今まであった胸がなくなってしまったということもあります。
無理な食事制限によるダイエットを行うとこのような傾向があります。もちろんダイエットでは食事の制限も重要ですが、バストアップによい食材を取り入れながら食事のバランスを取り、マッサージストレッチと組み合わせながら行うことでくびれのある女性らしい体型を維持しながらダイエットをすることができます。

あきらめ

胸が小さい方の最も大きい原因といえるのがあきらめです。
親や兄弟も小さいから仕方がない。
別に彼氏を欲しい訳じゃないから必要ない。
と、自分に言い聞かせてしまっているケースがよくあります。
その結果、胸を強調しない服装にが多くなったり、姿勢も悪くなったり、ケアを怠ったりと悪循環になってしまいます。
胸の大きさは先天的な要素より、努力次第で必ず大きくなります。
まずはあきらめないでいろいろな方法にチャレンジしてみましょう。

 

注目の商品