胸がない人の悩み6パターン

胸がない人の悩み

胸がない、胸が小さい人の悩みは、その人にしか分からないものです。
胸の大きい人は、「肩が凝る」「運動の邪魔になる」「下が見えにくい」「男性からの視線が気になる」
という悩みが多いようですが、これらは胸の小さい人からはどれも羨ましい悩みです。
そこで、胸の小さい人が共感できるお悩みをまとめてみました。

視線が気になる

胸が小さいと思っている方は、大きい人以上に人の視線を気にする傾向があります。
男性の視線はもちろん、女性からの視線も気になり、内心笑っているのではないかという被害妄想に駆られます。
小声で話をしている姿を見ると、自分の小さい胸の話をされているのではないかと思い込んでしまったりもします。
その結果、胸を隠そうとする意識が強くなり、知らない間に猫背になってしまい、悪循環に陥ってしまいがちです。

恋愛に臆病になる

一番多いのがこれではないでしょうか?
好きな人が出来ても、その先の事を想像してがっかりされてしまうのが恐くて告白できなかったり、
好意を寄せてくれている人がいても同じ理由で一歩踏み込めなかったりします。
また、これらの経験がトラウマになってしまい、同じことを繰り返してしまいます。
このコンプレックスが強くなると、異性に対する態度にも出てしまい、
男性からは愛想のない女性だと勘違いされてしまう事もあったりします。

彼氏に申し訳なく感じる

彼氏ができたとしても、胸が小さいことに負い目を感じてしまっているケースもよくあります。
Q&Aサイトでは、このような悩みの相談がたくさん寄せられています。
「胸が小さい方が可愛くていいよ」
「胸で好きななった訳がないよ」
などと彼氏は言ってくれますが、
これは本心ではなく慰めで言っているような気がして素直に受け取れまくなってしまいます。
その結果、関係がぎくしゃくしてしまったり、最終的に別れてしまうことも少なくないようです。

水着になるのが恥ずかしい

胸の小さい人は、薄着になる夏が苦手な人が圧倒的に多いです。
特に胸が協調される水着は特に苦手な方が多いのではないでしょうか?
普段はブラジャーで何とかごまかせても、水着となるとそうも行きません。
逆に、普段ブラジャーでごまかしていたのがバレてしまいます。
友達と海やプールに行っても、胸の小さい自分が引き立て役になってしまっているような気分になります。
男性の視線も、自分より友達の方ばかりに行ってしまいます。
そんな事ばかり気になって、せっかくの海やプールを楽しめなかったという方も多いのではないでしょうか?

気に入った下着がない

下着選びの多くの方が抱えている悩みです。
せっかく気に入ったデザインのブラジャーがあっても小さいカップのものがなかったり、
そもそも選択肢が限られてしまったりします。
店員さんに尋ねようにも、カップを聞かれたり測られたりするのが恥ずかしく、
声を掛けられないという人も多いようです。

子供が産まれたら授乳が心配

胸が小さい方が心配するのが授乳です。
「こんなに小さい胸を赤ちゃんが吸えるかしら?」
一人で心配している方も多いでしょう。
また、「そもそも母乳が出るのかしら?」と思っている方も多いのではないでしょうか?
こちらは正しい知識を身につければさほど困ることではありませんが、
若い方の中では漠然と心配している方も多いようです。

注目の商品